2019/06/08_ボードゲームサークル活動ブログ

皆様お疲れさまです。どうも僕です。
2019/06/08に行われたボードゲームサークルの活動ブログです。
今回は16人も集まって頂きました。ありがとうございます。

◆実際に皆さんがプレイしたゲームは以下になります。
「スシゴー」「龍牙勇者」「マメじゃないよ」「カタンの開拓者たち」
「ラッタス」「ムッチョマッチョ」「ダンジョンマーケット」「スマートフォンインク」
「ニューフロンティア」「コードネーム」「クルセイダー」「カルカソンヌ」「コンテナ」
「三国殺」「フラックス」「ソクラテスラ」「キングドミノ」

◆部費で購入したボードゲーム
「スシゴー」

 

 

 

 

 

 

道山さん

右側の写真のゲームはラッタス
疫病が蔓延する地域に市民をターンごとに置いていって、
最終的にどのプレイヤーの市民が多く生き残っているかを競うゲームです。
市民が一つの地域に集まりすぎると疫病で死にやすくなったり、
各プレイヤーのターンである程度疫病の発動を制御できるので、
このあたりの駆け引きが面白いゲームでした。
1ターンに1枚確保することができるカードは確保している分
1ターンで何種類でも1回ずつ利用できるので強いですが、
(王様なら「市民を1人確実に生き残らせる城に移す」や、
商人であれば「別の地域に市民を3人まで移動させる」など)
あまりカードを確保しすぎるとその分市民が疫病で死んでしまう可能性が高まるので、
このあたりのゲーム性も楽しい要素でした。
ちなみに、3人で行い、2人が初心者(初めて)だったのですが、
1,2位が初心者で全員のポイント差もあまりなく、
非常にバランスのいい感じでした!
またぜひプレイしたいですねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

「松林さん」

スマートフォンは売り捌いたスマートフォンに応じた点数が大きい人が勝利するゲームです。
プレイヤー数は1から5人までです。
ゲームの流れとして、フェーズが複数存在し、各プレイヤーがそのフェーズで可能とする行動を起こしていきます。
そのフェーズ全てを1つのラウンドとし、5ラウンド行い、それでゲームが終了します。
各フェーズは大きく分けて4つあります。
スマートフォンを売る値段を決める。
スマートフォンを売る台数(販路先を占有する原資)を決める。
スマートフォンを売る販路を拡張する。
販路先でスマートフォンを売る。
スマートフォンの価格と販路先で売る台数が1ラウンドの得点になるため、できるだけスマートフォンの価格を高める必要があります。
ただし販路先で価格の上限が決められているため、高額に設定するのも考え物です。
また他プレイヤーが販路先にいる可能性もあるため、思ったようには台数が売れません。
しかし独占できる販路があれば、伸び悩みを心配する必要はありません。
日本の法律で確実に罰せられる、独占禁止法に抵触する行動を起こせれば、有利に進められます。
実際にやってはいけませんが、ゲーム上、それを狙う戦略を打つことになります。

コンテナは一番金を集めたプレイヤーが勝利するゲームです。
プレイヤー数は3から5人までです。
金の集め方は大きく分けて5つあります。
他プレイヤーが工場でコンテナーを生産したときに手数料としてもらう。
工場でコンテナーを生産し、他プレイヤーに購入してもらう(購入後は港の倉庫に置くという設定)。
倉庫に置いたコンテナーを他プレイヤーに購入してもらう(購入後は船に積まれるという設定)。
船に積んだコンテナーをオークションにかけ、他プレイヤーに購入してもらう(購入後はゲーム終了時に金と交換)。
ゲーム終了時、集めたコンテナーに応じて、金と交換する。
お金を集めるためにその逆の行動も必要になります。
つまりお金の消費が起こります。
その消費は大きく分けて4つあります。
工場や倉庫を建てる。
コンテナーを生産する。
コンテナーを購入する。
オークションでコンテナーを購入する。
収集と消費を繰り返すことになりますがその限りはあります。
工場で生産できる5種類のコンテナーのうち、どれか1種類でも生産数に達すれば、ゲームは終わります。

このゲームは収支のバランスが黒字になるように進めなければなりません。
ゲーム開始時に原資となる金が配られます。
手持ちを増やさなければ、投資を積極的に行うこともできません。
その結果、元手を回収し、儲けを上げる機会も失われます。
しかし積極的な投資をしても、ゲームが終了してしまえば、ただ損するだけです。
その辺を気にかけて、投資しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

「イモティ」

新しく部費で購入したスシゴー!早速2回もプレイしちゃいましたw
今回も、盛大に盛り上がりました!ありがとうございます。

次回、8月31日に予定しています。よろしくお願いします!!

 

About the author

Add Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

By imo

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

タグクラウド

コーポレートサイト

メタ情報