電車による旅行のお得な切符の買い方

こんにちは、Takeuchiです。

今回は、電車を使って旅行する際のお得な切符の買い方を
皆さんに知ってほしくてブログを執筆しました。

電車を使って旅行に行く際、新幹線や特急を使う場合は乗車券と特急券を購入するわけですが
実は「乗車券」にはちょっとお得な効力があるのをご存知ですか?

乗車券のお得な効力・・・それは「有効期間」です。
特急券は乗車する列車に対して効力があるため、基本的には購入時に指定した列車か
もしくは当日であれば乗り遅れた場合でも指定席券で自由席に乗れます。

乗車券で効力を発する「有効期間」ですが乗車距離によって有効期間が異なっていて
101km ~ 200kmなら2日
201km ~ 400kmなら3日、
401km ~ 600kmなら4日と1日ずつ有効期間が増えていきます。

乗車券は「乗車駅」と「降車駅」が書いてありますが、切符に記載されている駅(範囲)では
途中下車できないんですが、記載されていない区間では途中下車が出来るんです。

例えば東京から大阪へ遊びにいくのに、乗車券は「東京(都区内)~大阪(市内)」で購入すると
名古屋や京都で途中下車が可能になり、こんな感じで行動することも可能です。

乗車券:東京(都区内)~大阪(市内)
特急券:東京~名古屋(1日目)、名古屋~新大阪(2日目)(2区間に分けて購入)

1日目:東京⇒名古屋(名古屋で途中下車し、乗車券は残す)
そのまま名古屋で1泊
2日目:名古屋⇒新大阪(乗車券は1日目の切符を継続利用し、特急券は名古屋~新大阪を利用)

なんて事も可能で乗車券を別々で買うよりも約1000円もお得になります。
1000円あればちょっとした昼飯が食べられることになります。

もし電車を使用して旅行に行く場合は、乗車券の有効期間をお得に使ってみてはどうでしょうか。

About the author

take0089

システムの運用、改善、案件対応と幅広くやってる何でも屋
言語はPHP、Java、C#をメインにしつつ最近はPythonも勉強中

Add Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

By take0089

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

タグクラウド

コーポレートサイト

メタ情報