次の案件に向けてC#.netとWPFを調べてみた。

はじめまして!
10月に入社した市來です。

1月からの案件がC#.netのWPF(Windows Presentation Foundation)を使用する事になったので、参画する前に調査と、少し触ってみました。

C#は今まで別業界での開発経験があるのですが、サーバー関係がほぼ未経験でありC#.netもWPF自体は初めてなので、TCPサーバーの作成、クライアントの作成の内容を調べていました。
下記のページを見ながら一度手で打ちつつ、内容の読解をしておりました。
TCP内容を調べるにあたって参考ページにさせて頂いたページ

「TCPクライアント・サーバープログラムを作成する-DOBON.NET」https://dobon.net/vb/dotnet/internet/tcpclientserver.html
TCPを利用した複数クライアント接続可能なチャットアプリケーションの作成
https://codezine.jp/article/detail/22

自分の中でまとめた内容ではありますが、こちらに記載させて頂きます。

①TCPサーバーを監視状態を開始し、クライアントからデータを受信出来る状態にする。
②クライアントからの情報(文字・操作等)を送信
③TCPサーバーにてクライアントから送信された内容を受信し、各種対応を行う。
④受信したクライアント側に送信したい内容があれば、クライアントに送信等を行う。

といった流れの内容でした。
今回の内容でゲームの物を作成するとなった場合、スマホゲームのガチャに使用出来そうかな?と感じました。
①クライアントからガチャを行ったという操作を送信
②TCPサーバーにガチャを行ったという情報を受信
③サーバー側にてガチャ結果を用意し、クライアントに送信
④クライアントにて情報を受信、ガチャ結果を表示
といった流れで作成出来そうですね。
実際運営するとなると、上記以外の実装内容として
・SQL等のDBを作り、各種ユーザーデータの格納処理の追加
・クライアント毎のデータ送受信の状態なので、共闘等の同期が必要になる場合は同期が行える様に別途処理の作成が必要になる。
といった部分を実装していく事になりそうですね。

WPFに関してなのですが、UnityのuGUIで行ってきた様なツールボックスによる直感的な操作クリック時の処理の追加等が標準実装されている事もあって、Unityを使用した事がある人なら割とすぐ入り込めるフレームワークだと感じました。(C#の言語で同じなのも勿論あるのでしょうが)
XAMLに関しても読解しやすい物でありながら拡張もしやすいので、初心者でもどんどん触っていけるのがとても良いですね。
今日の調べた内容を使ってWPFとTCPの併用でちょっとクライアント側行った内容の監視等のシステムを作ってみようと思います。SQLDBとかも一緒に作れたらより勉強になりそうなのでそれも個人的にやってみたい!

以上になります。長文になってしまいましたが読んで頂きありがとうございました!

About the author

市來晃寛

Add Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

By 市來晃寛

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

タグクラウド

コーポレートサイト

メタ情報