日本一への挑戦 ~山~

この記事は「株式会社グロージェント Advent Calendar 2016」の8日目の記事です。

 

こんにちわ。Divisaderoです。

いきなりですが、日本一なものといえば、日本一高い山や大きい湖など色々とありますね。
しかし今回は、日本一になれなかったばかりに脚光をあびることなく、1位な彼らの陰に身を潜め苦汁を飲まされ続けている「日本二」の存在にスポットあてましょう。
そして、折角なので、なんとか陽のあたる場所へ出て来られるように色々な救済策も考えてみよう、というのが今回の主旨。

 

ということで、早速ですが、日本一高い山はご存知の通り富士山(3776m)ですが、日本二高い山はご存知でしょうか。
さらっと答えを出しますと、日本二高い山は、山梨県にある北岳(3193m)です。

…「富士山VS北岳」ということですね。ん~、この時点で日本一になれるポテンシャルに不安を感じますが、日本二をどうすれば日本一にできるのか!が今回の肝。
先行き不安なスタートですが、頑張りましょう。
もし本当に日本一にできる案ができた際は、名前も一緒に提案しましょうw

800px-mt-kitadake

 

さて、その差は600m。富士山逆転策、どうしましょう。

 

70d931edb0fe168967d92ab4f42c448c_s

「削っちゃう?」案

そうです。単純に考えて、富士山を600m削ればいいんですね。
ただ、富士山ファン多いですし、頑張って登ってきた人らになんと説明すればいいのかわからないですね。
食料にも限りがありますし、寒いですし、空気薄いですし、大きいですし。
というより、何より国から怒られますw

となると、やはり北岳を高くするしかないですかね。

 

「積んじゃう?」案

高くするとなると、積むのがいいんですかね。
何を積みましょう。
登山者全員に石ころとかレンガを持って運んでもらうか…登山口で配って…10cm x 6000個で600m行きます。
でも、軽量化命のアウトドアピーポーにとっては、レンガどころか石ころですら、全く要らないもの。
速攻で捨てられるどころか、ティッシュ配りよりも配るのが難しそうです。飴つけますかw
しかし、そもそも、ジェンガよりも積み上げるのが難しそうですね。

workers-272214_1280

 

「虫の力を借りちゃう?」案

北岳の山頂あたりに甘い蜜をたーっぷり塗って、昆虫を呼び寄せる、なんてどうでしょうか。
そして、その上から更に甘い蜜を塗りその繰り返しにより山を高くしていく。
このあたりはラズパイ的なもので、うまいこと自動塗布装置が作れればいいですね。
ようやくITチックなワードが出ました。これでグッと、このブログが公開される可能性は高まったと思います。
虫も自然のものですし、中に埋もれた虫は密に包まれて一生幸せだと思います。

 

「思いっきり寄せちゃう?」案 

北岳の麓の両端をものすごい力で中心に向けて圧力をかける。
まるで満員電車の満員具合が極限に達した時に、足が地から離れ、背が伸び、そして全体重を周りの人に託すような、あの感じで、駅員さん総出で、圧力をかけまくる。
結果、高くなる。そして怒られる。

 

皆様いかがでしたでしょうか?結果的に何も解決はしておりませんが、ひとまず日本二高い山「北岳」は覚えて頂けたのではないかと思います。
もし登山に行かれる時は、是非とも甘い蜜や、レンガを持って行ってくださいね。

 

それでは、また次回。

About the author

Divisadero
By Divisadero

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

タグクラウド

コーポレートサイト

メタ情報