なかぢ’s キッチン -イチジクジャム

こんにちは! なかぢです。

さぁ、2018年も残り半月を切りました! 平成最後の師走、ラストスパートと行きましょう!

今日のお題は、 なかぢ’s キッチン(だから、怒られるってw)

イチジクジャム!

イチジク、漢字で書くと、「無花果」

花のない果物。 通常、果物や野菜は花を咲かせて受粉することにより実を付けます。

ですが、無花果(イチジク)は、花がない果物。。。 なぜ?!?!?

それはね、、、

 

 

 

 

 

 

イチジクをスパンと切って中を見ると、ツブツブが中心に集まってますよね?

実は、これが花なんです! (知っている人は知っているかw)

実の内側で花を咲かせているんですねぇ~。

さてさて、雑学もほどほどに、本題へ。

イチジクジャム。 実は、私の猟仲間の方が サラリーマンをしておるのですが、

兼業でイチジク農家もしており、時おり(ってか、シーズンになると)イチジクを頂けるんですね。

 

 

 

 

イチジクの収穫ピークは、9月~11月まででそれを過ぎると、食べるには問題ないが

商品として出荷できない物がどうしても残ってしまう。 それを、少し頂いて

なかぢは、毎年ジャムにしていただいております。

 

 

 

 

まずは、皮を剥いて適度な大きさに切り分けます。

 

 

 

 

 

 

丁寧に皮をむいても良いのですが、かなり手間がかかるのと面倒なので、 私は

二つに切ったイチジクのみを、スプーンでくり抜きます。(これ、結構簡単で、早いです。)

次に、味付けですが、砂糖(又はハチミツ)を使用しますが、使う砂糖(又はハチミツ)の種類によって味の好みが分かれますので、参考までに。

上白糖・グラニュー糖: 少量で、最大限の甘さを引き立たせます。 がっつり甘いのがお好きな方向き。

黒糖・きび砂糖:濃厚な甘さが特徴で、濃い味がお好きな方向き。

三温糖・ザラメ:深みがあり甘さ的には軽めなのが特徴。 私は、よく三温糖を使用します。

はちみつ: 甘さは、上白糖・グラニュー糖ぐらいのはっきりとした甘みがあるが、後味がすっきりなのが特徴。

 

分量は、ホント好みなので、火をかけて水分を抜いてるときに調節しながら入れましょう。

火にかけて、木べらでしっかりと混ぜながら、水分を飛ばしましょう

※火のかけ始め

 

 

 

 

※火のかけ終り

 

 

 

 

※コツとしては、ドロドロになるぐらいで火を止めて、余熱で一気に蒸気を飛ばすとしっかりとしたジャムになります。

※なお、マグマみたいにグツグツいうので、たまに飛んできますww やけど注意でwww

完成が、こちら。

 

 

 

 

 

 

パンに塗るもよし~。ワッフルにかけるもよし~。

私がよくやるのは、調味料として甘みが欲しい時に使います。 (イチジクの風味がいい感じで出ます)

 

以上、なかぢでした。

 

About the author

なかぢ

Add Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

By なかぢ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

タグクラウド

コーポレートサイト

メタ情報